« HDD空けなきゃ | トップページ | (´д⊂ »

指導者への道

いやはや寒すぎ。そんなこんなで日が経ってしまいましたが金曜の夜に感じたことを。
フォルツァのゲストは仁志さんでした。セレモニーの裏話を聞けたりしたのですがやはり印象的だったのは名波とのやりとり。名波からのコメントでは「〜仁志さんの人柄の良さなどを話した後〜 ま、僕もそろそろ、い(引退と言いかけたんだろうなぁ)、そちらの方に行くと思うのでね、いろいろ指導方法とかね、教えて欲しいこともたくさんありますし…」と優しい笑顔で話しかけてました。それに対する仁志さんのコメントが「なんか縁があるのか…またもう1回指導者になってから一緒にやるんじゃないかなと僕は思ってるんですけど。名波監督だったら僕、コーチでもいいです(笑)」と。俊哉とはまた違う、良い関係なんだなぁと感じました。そして「名波監督」という響きに妙なうれしいワクワク感がこみ上げました。
ちょうどB級の講習に出掛けるような記事が出たり、契約更改のコメントだったり、年齢的なことだったり、そういう道がさほど遠くないのかなと感じないわけではありません。もちろん、その前にプレーヤーとしてやるべきこと、まだまだピッチに立っててもらわないと困ることもまた事実です。悲観的なことではまったくなく、選手でありながら、名波にしかできない、今の名波だからこそできる…そんな一面を今後さらに見せてくれるんじゃないかと。う〜ん、これからより一層名波から目が離せられなくなりそうです。
今年は「引退」にいろんな思いが巡りました。仁志さんの「サテでやってて、自分が出ることより若い選手が出て欲しいな、という心境になって」という思いもそれはそれでステキだなと感じました。

|

« HDD空けなきゃ | トップページ | (´д⊂ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指導者への道:

« HDD空けなきゃ | トップページ | (´д⊂ »